九四式水上偵察機(E7K1~2)

日華(支那)事変のほとんど全期間および太平洋戦争の中頃まで複葉の水偵としては最も広範囲に使用された長距離水偵で、鈍速にもかかわらず実用性能が良いため好評であった。

最初は水冷式で、日華事変末期以降は、主として空冷式のものが使用され、その航跡は、中国大陸沿岸、ミッドウェー、アリューシャンなどの各地におよび、地味ながら鈍速の複葉機としては抜群の働きをした。

製作所 川西、日本飛行機。
生産機数 530機。



【九四式一号水上偵察機】
94_shiki_suitei_1gou.jpg



【九四式二号水上偵察機】
94_shiki_suitei_2gou.jpg



【E7K1:参考データ】
機  名 九四式一号
水偵
自 重(kg) 1970
記号 E7K1 搭載量(kg) 1030
発動機数 単発 全備重量(kg) 3000
主翼型式 複葉(双舟) 最大速度(km/h)/高度m 140/2000
乗員数 3 上昇時間m/分秒 3000/10′45″
発動機名 九一式600 実用上昇限度(m) 6049
発動機型式 水W12 航続距離km(又は時間) (14.0)
離昇馬力 750 機関銃または機関砲口径(mm)×数
(旋は旋回式)(他は固定式)
7.7×1
7.7旋×2
第一速公称馬力/高度(m) 640/2500 爆弾(kg)×数 30×4
又は
60×2
第二速公称馬力/高度(m) - 設計所または主な生産会社 川西
全 幅(m) 14.00 採用年度 昭和9(1934)
全 長(m) 10.50 連合軍側コードネーム Alf
主翼面積(㎡) 43.60 備  考 長距離用水偵


【E7K2:参考データ】
機  名 九四式二号
水偵
自 重(kg) 1984
記号 E7K2 搭載量(kg) 1016
発動機数 単発 全備重量(kg) 3000
主翼型式 複葉(双舟) 最大速度(km/h)/高度m 149/2050
乗員数 3 上昇時間m/分秒 3000/9′06″
発動機名 瑞星12 実用上昇限度(m) 7520
発動機型式 空複星14 航続距離km(又は時間) (11.52)
離昇馬力 780 機関銃または機関砲口径(mm)×数
(旋は旋回式)(他は固定式)
7.7×1
7.7旋×2
第一速公称馬力/高度(m) 800/4000 爆弾(kg)×数 60×4
第二速公称馬力/高度(m) 設計所または主な生産会社 川西
全 幅(m) 14.00 採用年度 昭和13(1938)
全 長(m) 10.50 連合軍側コードネーム Alf
主翼面積(㎡) 43.60 備  考 発動機を空冷式に換装


【略語解説】
高単 高翼単葉、主翼を胴体の上に配置
低単 低翼単葉、主翼を胴体の下に配置
中単 中翼単葉、主翼を胴体の中位置に配置
複葉 主翼を胴体の上下に二枚配置
一葉単 上翼にくらべて下翼が極端に小さいもの
発動機型式
空冷式
水冷式
液冷式
星型
複星 複列(または二重)星型
V V列型
W W列型
直列型
数字 気筒数




  • 最終更新:2015-02-04 04:44:27

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード