九七式輸送機(キ-34) 

 引込脚、可変ピッチ・プロペラを採用した日本で設計された最初の近代的な輸送機で、民間で中島AT-2と称していたものと同型。日華事変から太平洋戦争の全期間にわたって、主として中国大陸、満州および内地(日本国内)で使用され、一部は太平洋戦争中、落下傘部隊の輸送にも活躍した。

 製作所 中島、立川。生産機数 299機。



【九七式輸送機(AT-2)】
97_shiki_yusou_ki_34.jpg



【参考データ】
機  名 九七式輸送 自 重(kg) 3500
記号 キ-34 搭載量(kg) 1750
発動機数 双発 全備重量(kg) 5250
主翼型式 低単 最大速度(km/h)/高度m 330/3360
乗員数 3/8 上昇時間m/分秒 3000/6′35″
発動機名 ハ-12 実用上昇限度(m) 7000
発動機型式 空星9 航続距離km(又は時間) 1200
離昇馬力 710×2 機関銃または機関砲口径(mm)×数
(旋は旋回式)(他は固定式)
第一速公称馬力/高度(m) 780/2900×2 爆弾(kg)×数
第二速公称馬力/高度(m) 設計所または主な生産会社 中島
全 幅(m) 19.916 採用年度 昭和12(1937)
全 長(m) 15.30 連合軍側コードネーム Thora
主翼面積(㎡) 49.20 備  考 DC-2の経験を生かし小型化、民間でも使用

【略語解説】
高単 高翼単葉、主翼を胴体の上に配置
低単 低翼単葉、主翼を胴体の下に配置
中単 中翼単葉、主翼を胴体の中位置に配置
複葉 主翼を胴体の上下に二枚配置
一葉単 上翼にくらべて下翼が極端に小さいもの
発動機型式
空冷式
水冷式
液冷式
星型
複星 複列(または二重)星型
V V列型
W W列型
直列型
数字 気筒数




  • 最終更新:2014-11-04 03:24:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード