【第一特別振武隊】友枝幹太郎

友枝幹太郎

久留米西部第四十九部隊に入隊、東京機甲整備学校、大刀洗陸軍飛行学校菊地教育隊、満洲及び明野飛行隊を転属後、昭和二十年四月六日、第一特別振武隊として出撃散華


(遺筆その一)十八年八月 東京機甲整備学校より発信

暑中御見舞申上げます

父上には御元気にて御仕事に御精励之(の)由(よし)安心致しました、暑さの上に増産増産にて非常なる御多忙と困難とがある事と拝察します、私元気一杯学生として本分に邁進しています(中略)

先日航空隊希望者を募りました、即ち戸主等所謂(いわゆる)後継者以外の者は一歩前に出し、強制的に希望者と看做(みな)され、他に家督後継者にて特に志願するものを調べられた処、一区隊三十名中二名でした、中(うち)一人は私です、不肖の子とお思ひ下さい、南太平洋上にては日本学生軍の死闘が展開されてゐます、国家の安危を荷(にな)って大空に殉ずる覚悟でしたのです、此(こ)の事は各軍隊にても行はれた事らしいのです、然(しか)し当学校には一名も採用になりませんでした、即ち現今整備将校の大量不足の為(た)めだったそうです、意外にも意気の欠けている戦友を見て情なく思ひました、海軍予備学生も志願者はせいぜい二万程度、これでは米学生に敗けをとるかも知れません

父上に於(お)かせられても弟達皆空へ行く様(よう)、体智共御指導下さい、お仕事の無理により身を害されぬ様切にお願ひします、


(遺筆その二)十八年十二月 熊本大刀洗飛行隊菊地教育隊より発信

拝啓 母上様お変りはありませんか 秀幹は元気で入営した事でせう 私は現今元気一杯で大空を飛んでゐます 所感は余りに多過ぎるので御会ひしたときに述べませう、 既に心は南太平洋上空に走り、又考ふる時一心にやらざるを得ません


(遺筆その三)十九年八月 静岡県明野飛行隊より発信

拝啓 国家危急之(の)秋父上には御増産に御多忙の事と存じます 小生元気旺盛軍務に励んでゐます故(ゆえ)御安心下さい 必勝の信念は絶対に堅持せられん事を切望いたします 同封の為替は善用して下さい、


(遺筆その四)十九年十一月二十七日 静岡県明野飛行隊より

父上始め皆様には御壮健之由大慶に存じます 小生益々意気軒昂訓練に邁進してゐます、愈々(いよいよ)征く日も遠からずあると思ひます

母上には極力御養生されます様、
父上には過労にならざる如く御自愛下さい、


(遺筆その五)二十年四月五日 飛行基地より

     遺 書

 御両親様

不肖幹太郎明朝特別攻撃隊員として出発します 男子の名誉です、空母を求め必殺です、母上の御健康の様子を御手紙で知り喜んでゐます 呉々(くれぐれ)も御大事にして下さい、

明朝出発の命令は今日判明し、諸準備できりきりまいです、最後の御便りも此の様な乱筆です、悪しからず赤面の至りです、思へば数々の御心配をお掛けしました、不孝を御許し下さい、ボストンバッグの中の正刀帯 (*1)は秀幹の所に送って下さい、たのまれてゐたのが延々今日になってゐました、時間もなく手紙を親族一同様に出されず、よろしく御伝へ下さい、妹、弟達の事は立派に仕上げて下さい、最後迄馬鹿話をして朗かなものです、必中を願ってゐる丈(だ)けです、御両親様の御幸福を御祈りします

父上には過労に落ちざる様、
母上には早く健康体になられる様、
では行って参ります


 弟 秀幹宛

御無沙汰に打過ぎ申訳なし、特攻としての名誉これにこすものなし 遺品送る故、家に取りに行かれよ、必要品は使用する様 大空の様な心境だ 

貴様は中隊附としての責を全ふせよ 家の方はたのむ 

御健闘を祈る


 照子様

今迄の御無沙汰をお詫びします

特攻として出発するからには大物を求める決心です、実に不肖なる兄でした、貴女(あなた)の御幸福を祈って止(や)みません 女らしさを失はざる様にして下さい、母上の事は頼みます、弟達の指導も頼みます、立派なる日本人に仕上げて下さい、一日前の命令ですから、遺書もこんなものになりました 荷物は将校行李(こうり) (*2)一、ボストンバッグ一、です、何れ届くでせうから入用のものは使用して下さい

身辺の整理、計画、飛行機等の準備で多忙乱筆をお許し下さい、

女らしさを忘れぬ様、御幸福を御祈りします、


弟 喜三郎宛

喜ちゃんとは会って色々話もして見たかったが今は出来ざる事となった、特別攻撃隊員になったとて未練もなく実に淡々とした気持だ ここが日本人だね 喜ちゃんも既に成人だ 家の事一切頼みます、自己の適所に進むべきだ、適所にも誠心をもってやる事 弟達の指導は喜ちゃんが一番良いから頼むのです、四式で突込むのですから轟沈です 何事も体が大切、国難に進んで下さい 判断に任せます


弟 康、隆生宛

康、隆生ちゃん兄さんは明朝沖縄に敵航空母艦を沈めに行きます 仲よく勉強し、立派な人になって下さい、二人共体は大切に元気にして親孝行をして下さい、康ちゃんは一心に働いて、隆生ちゃんは勉強、

元気で活(ママ)して下さい、



【出典】1977(昭和52)年 原書房 寺井俊一編 「航空基地都城疾風特攻振武隊」

  • 最終更新:2016-03-13 10:26:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード